芸能

秋山黄色の生い立ちや名前の由来に迫る!主題歌モノローグについて

 

こんにちは!おしゃべりマグロです。

2020年新作ドラマが沢山あり、楽しみですよね。その中でも個人的に気になっているのが向井理さんが主演のドラマ【10の秘密】です。

タイトルからして興味をそそります。その主題歌を担当するのは秋山黄色さんです。

曲名は【モノローグ】です。

今回はドラマ【10の秘密】の主題歌を歌う秋山黄色さんの生い立ちや名前の由来、曲モノローグについてみていきたいと思います。

お付き合いください!

秋山黄色の生い立ちと名前の由来は?

プロフィ―ル

名前→秋山黄色【あきやま・きいろ】

出身地→栃木県宇都宮市

生年月日→1996年3月11日【23歳】

学歴→専門学校中退

趣味→アニメ、ゲーム、曲作り

秋山黄色さんが音楽を始めたきっかけはバンドをしていたエレキギターを見たのが出発点だそうです。しかし当時本人はドラムをやりたかったらしいです(笑)

アニメをみてドラムセットを購入したみたいですが、1週間ほどでインテリ化してしまったみたいです。

高校1年生の時に祖母が買ってきたギターでスピッツの【チェリー】が弾けるようになりこの替え歌を友達に披露したことがオリジナル曲を作っていくきっかけになったと言っています。

秋山さんは自分の性格を【暗い】と語っていて、あまり率先して前にでていく性格ではないみたいです。

しかし、彼のパフォーマンスには心を砕かれんばかりの衝撃を感じさせてくれます。【音楽】となると少し違う一面も持ち合わせているのかもしれませんね。

名前の由来ですが小学生の時に黄色って呼ばれるようになって秋山と合わせて秋山黄色っていう名前をふざけてTwitterの名前にしたら、定着してしまったみたいです。

主な楽曲

猿上がりシティーポップ

やさぐれカイド―

クラッカーシャドー

夕暮れに映して

クソフラペチーノ

とうこうのはて

ドロシー

などがあります。どれもいい曲ばかりなのでぜひ皆さんもチェックしてみてください!

ドラマ【10の秘密】主題歌モノローグはどんな曲?

秋山さんが書き下した楽曲で、メジャーデビュー第1弾となります。

秋山さんはコメントで

無職の俺に大事な役目を任せていただいてありがとうございます。

誰しもが抱えている、もう変えられないことを悔やむやりきれない独白。

それによって少しでも何かが変われば少しは救われるのにという思いをこの曲に込めました。

10の秘密に隠された10以上の本質に、楽曲も寄り添わせて楽しんでください。

とコメントしています。発売日は今の所未定ですが配信日は2020年2月4日です。

各音楽配信サービスから配信予定なのでぜひチェックしてみてください!

予告編での感想もなかなかカッコいい!と話題になっているのでフルバージョンも凄く楽しみです。

いかがだったでしょうか。

個性的でユニークなイメージを持つ方だなと思いました。だからこそ音楽活動にも生きているのかなと思います。

ドラマの主題歌に抜擢されたことでさらにブレイクする予感がします。

皆さんも秋山黄色さんのこれからの動向をぜひチェックしてみてください!