エンタメ

プロ奢ラレヤーとは?内容と中島太一のプロフィールをご紹介!

 

こんにちは!おしゃべりマグロです。

稼げど稼げど、暮らしは全然ラクにならない時代ですよね、、、。

もはや自分の力でけで生きていくのは限界がきているのかもしれません。

そんな中余ったお金や資産を分け合う考えやお金がある所から引っ張ると言った【他人のお金任せ】な新潮流が誕生しているみたいです。

それがプロ奢ラレヤーで、その第一線で活躍しているのが中島太一さんです。新たな時代を生き抜く術として話題になっています。

今回はプロ奢ラレヤーの内容と中島太一さんのプロフィ―ルについてみていきたいと思います。

それではどうぞ!

プロ奢ラレヤーとはどんな職業?

文字通りに他人に奢られるプロとして活動し、他人のお金で生きる術を体現している代表格的な職業だそうです。

中島太一さんは、、、

Twitterを介して大体月50人から60人前後に奢られる生活をしています。つまり、他人の金で飯を食べるというのが、僕の生業。

そして奢りにくる人の話が面白いのでTwitterで適当に報告していたらフォロワーが増えて【約9万人】、さらにはnoteというサイトで月698円の有料メルマガの配信を始めたところ、月3ケタ万円ぐらいの収入も入ってくるようになったんです。

と語っています。プロ奢ラレヤーの仕組みがわかるお話でした。しかし凄いですよね。

内容を知らなければちょっとイメージの悪い印象を持たれる方も多いかと思いますが、内容を知るとちゃんと理にかなった職業だと言えると思います。

ちなみにこれまで中島太一さんに奢りにきたのは医者、政治家、ユーチューバー、パパ活女子、超有名宗教団体の教祖の息子、女子高生など各界各層の2000人以上になるようです。

人々がわざわざ中島太一さんに奢りにくるのは、中島太一さんとの時間に何かしらの価値を見出しているからだと思います。

不思議な状況だと言っても過言ではないですが、それについて中島太一さんは、、、

お金って余っている場所には余っている。

ほしい物が多様化していつでも手に入るようになった時代では、所有そのものの価値は下がったと思います。

サブスクリプションやシェアエコノミーの発展によって、お金をかければかけるだけ良い物が手に入る時代は終わり、お金をかけずに楽しむ方法が登場した。

そうなると人は独自性や固有の価値にお金を使うようになるんです。

と語っています。自らの活動は【そうした社会のバグをついたもの】だとも言っています。

誰もやらないことをやる生き方は突き詰めればどこかでおもしろいと興味を持ってくれる人が現れ、お金を生むそうです。

他人のお金で生きるとは施しを受けることではなく、価値の循環であると説明しています。

確かにな~と感じました。

人のはない価値がそこにあるからこそみんな奢りたくなるのだと思います。

そう考えると素晴らしい職業だと言えると思います。

中島太一はどんな人?

プロフィ―ル

名前→中島太一【なかじま・たいち】22歳

年収1000万円の奢られ屋。

【他人のお金で生きていく】をモットーにTwitterを介して出会った様々な人に奢られるという活動をし、わずか6か月でフォロワー2万人を獲得。

現在、フォロワー約9万人。

奢ってくれた人々との話を綴った【奢ログ】を含む日々の考察を有料note【プロ奢ラレヤーのTwitterでは言えない話】として配信中。

好きなものは猫とペンギンと下駄とサウナ。

嫌いなものは靴下と決められたスケジュールに従うこと。

いかがだったでしょうか。世の中にはいろいろな職業がありおもしろいですよね。

僕自身も凄く為になる話でした。

あと一度お会いしてみたい(笑)皆さんもぜひ直接お会いしてみる機会があれば為になるお話を聞けるのではないかと思います。

ぜひチェックしてみてください!