エンタメ

ドロヘドロが話題に!主要キャラカイマンの能力がヤバい!【ネタバレ注意】

 

こんにちは!おしゃべりマグロです。

2000年の連載開始から18年に渡って愛され続けた名作【ドロヘドロ】

そのアニメが放送され独自の世界感クオリティーの高さから海外も含め話題となっています。

そして物語のカギを握るのが主要キャラで主人公でもあるカイマンです。

そのカイマンの能力がかなりヤバいのです。

今回は主要キャラであるカイマンの能力と物語を簡単にわかりやすくみていきたいと思います。

ぜひご覧ください!

主人公【カイマン】ってどんなキャラなの?能力も解説

やはりどんな物語でも大切になるのが主人公の存在ですよね。

気になる方も多いと思います。カイマンは、、、

トカゲ頭の大男で物語ではホールの路地裏で倒れていた所を二階堂という本作に登場するキャラに発見されるが、それ以前の記憶を失っている謎めいた人物です。

また二階堂とともに自分の正体を知るために、魔法使い狩りを繰り返し、魔法界の煙ファミリーや十字目組織たちとの抗争に身を投じていきます。

明るい性格で細かいことは気にしない性格だが、かなりの怖がり。

また二階堂の作る餃子がとにかく好きです。

ナイフの達人で肉弾戦であればかなりの強さであり、魔法が重複してかかっているために他の魔法が効かない体質である。

しかし自分自身は魔法が使えないため、終盤のデタラメな能力が飛び交う戦闘ではあまり活躍できていない状況にあります。

しかし、、、原作の最終巻にて公開されていますがカイマンは魔法使いになり、強い姿を見せることになります。

そしてその魔法がヤバい!と話題にもなりました。

彼の魔法はずばり、、、

【餃子】

えっ?

めちゃくちゃ謎ですし、凄く弱そうな魔法ですがこのドロヘドロの世界での食べ物系能力はかなり強力だそうです。

ちなみに相手を無条件で餃子に変えてしまう能力だそうです。

物語を知らない人でも強さがわかりますよね(笑)

絶対餃子に変えられてしまうのです。強すぎます。

さらにはカイマンの魔法はほかのキャラと違い別格なのです。相手を餃子に変えるだけではなく、餃子をあらゆる武器として使用できるようです。

ちなみに原作でわかっている披露した能力が、、、

揚げ餃子型の強力な爆弾を生成する

食べるとどんな傷も回復する餃子を生成する

羽根つき餃子を背中に生やして空を飛ぶ

餃子の皮をバリアにして身を守る

どんなものでも切り裂く巨大な包丁を生成する

餃子型のヘルメットで頭を守る

いわゆるチートですね(笑)

ヤバい能力です。しかしおもしろいなと思いました。

これからアニメでも活躍間違いなしだと思うので皆さんも要チェックしていただけたらと思います。

ドロヘドロってどんな物語なの?

【魔法使いの世界】からきた魔法使いによって頭を爬虫類に変えられ、記憶を失った男カイマン。そしてその友人である二階堂。

カイマンの口の中には謎の男が存在している。

カイマンは自分の頭を元に戻すために、そして記憶を取り戻すために二階堂と共に【ホール】にやってくる魔法使いを狩っていく。

彼は何者なのか、なぜ記憶がないのか、口の中の男は誰なのか。

それはまだ混沌の中、、、そんなストーリーです。

主な登場人物

カイマン

二階堂

カスカベ博士

ジョンソン

バウクス先生

13【サーティーン】

アイ・コールマン

煙【えん】

心【しん】

能井【のい】

恵比寿【えびす】

いかがだったでしょうか。

強すぎる主人公カイマンも気になる所ですが、物語も闇やわからない所も多く面白そうな予感がします。

まだ見ていない人もそうでない人も原作、アニメともにチェックして楽しんでいただければと思います。

アニメのクオリティーも高いとの評判なのでこれからの放送も楽しみですね。

物語とキャラクターたちの動向に注目です。