エンタメ

高濃度アルコールが高額転売!犯罪になるのか?徹底調査!

 

こんにちわ!おしゃべりマグロです!

マスクの高額転売が話題になっていたのは記憶に新しいと思いますが、今度は消毒液が不足に陥る可能性があるために高濃度アルコールが高額転売されているようです!

コロナの影響はいろいろなところで発生しますね。そしてマスクの高額転売が犯罪になるなら高濃度アルコールの高額転売は犯罪になるのか話題になっています!

今回は高濃度アルコールの高額転売が犯罪になるのか調べてみました!ぜひご覧ください!

高濃度アルコールが高額転売!犯罪になる?

2本で4,000円~10,000円で販売されているようです!確かに高い気がしますね。

高濃度アルコールの高額転売が犯罪になるのか調べてみますと、、、

酒類を販売することについては販売業として行うためには酒類販売免許が必要と酒税法で規定されているようです。

これに反してお酒の販売を行う場合は酒税法違反として、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金となる可能性があるようです!

転売というのは自らが購入したお酒を販売することにほかならないのでこの規制に該当することになるようです。 

しかし利益が高くなければ理由次第では回避できてしまう可能性もあるとのこと。

どちらにしても犯罪になる可能性があるので、気をつけた方がいいと思います!

困っている人もたくさんいると思いますので買い占めだけは避けていただきたいと思います!

詳しくは上記のリンクを見てみてください!